大人ニキビ改善の基本とも言える保湿の正しい方法とは

大人のニキビを改善するための基本は保湿といえます。
でも、一言で保湿と言っても、正しい方法でケアしなければニキビの改善はできません。
正しい保湿の方法とはどんなものなのでしょうか。

保湿とは、しっとり、と説明された洗顔料や化粧水をたっぷり使ってケアすることではありません。
本来、健康な肌には保湿力というものが備わっています。
その保湿力を最大限に引き出すことが、正しい保湿の方法と言えるのです。
例えば、皮脂腺から分泌される皮脂が、肌の水分の蒸発を防いでくれる役割を果たしてくれます。
また、角質細胞内には保湿成分があり、角質層へ水分を供給しています。
さらに、細胞間脂質が角質の水分を保持する役割を果たしています。
このように、元々肌に備わっている保湿力を正常に働かせるために、気を付けなければいけないことがあります。
それは、洗いすぎないということです。
刺激の強い洗顔料は、保湿成分を含んでいる角質に良くないのです。
また、必要な皮脂まで洗い流してしまうことで肌を守る機能が低下し、結果としてニキビができてしまうのです。
そして、もう一つ気を付けたいのは化粧水や乳液、クリームでの保湿を過剰にし過ぎないという事です。
ニキビができている肌はバリア機能が弱まっている状態なので、過剰に化粧品を使用してしまう事は肌にとって強い刺激になってしまうのです。
本来の保湿力を高め、オールインワン化粧品は保湿を補ってあげる、という意識でケアをしてみましょう。

大人のニキビを改善するためには、継続した努力が欠かせません。
肌に負担がかからないためのシンプルな日々の保湿ケアによって、健康でニキビのないお肌を作っていきたいものです。